読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ずく出そうず日誌@ホーチミン

働きブロガー ズックだよ!

20代でお金のことを考えよう~海外駐在が決まったら、不動産投資をすべき3つの理由~

2015年冬。

部長の口から衝撃的な一言が。

「君ぃー 来年からベトナムねぇー。」

f:id:zukudaso117:20161121001818p:plain

は? ははぁ???!

 

そんなこんなで、今、ベトナムホーチミンに住んでいます。

ホーチミンで人生初の駐在生活を始め、半年。

赴任前に区分マンションを買ったのだけど、駐在員と、素晴らしく相性がいいのだ。

 

そこで、実際に感じる不動産投資のメリットを、

駐在を告げられる若手社員向けに伝えるんだ。そうなんだ。

 

海外駐在で、積極的な投資は難しい。

 

日本で勤務していたころは一般的な投資をかじったりしていた。

よく聞く、株式投資やFXだ。

しかし、海外駐在になるとそれらの多くは制限されてしまう

日本以外に居住する方に対して、その居住国の法令諸規則に則った対応を行うことができず、「(本邦)非居住者」(※)の方からのお取引の受託をしておりません。

海外赴任等の理由により、法令の定める「非居住者」(※)に該当する場合、お取引いただくこともできません。また、特定口座や非課税口座(NISA)で上場株式等の管理を行うこともできません。(マネックス)証券)

 

それって、駐在手当なんかで、給料が上がっても、

ただ貯金しとけってことかッ!

と、TO☆O☆SHI に目がないズックは思ったわけですわ。I

 

海外駐在者のお金に関する状況ってまとめるとこんな感じ。

・駐在手当やハードシップがある(→給料増える(*゚▽゚)ノ

・住民税や所得税がかからない(→出費が減る(*゚▽゚)ノ(*゚▽゚)ノ

・けど、貯まったお金で株やFXはダメよ?(→は??ド━━━(゚ロ゚;)━━ン!!

 

貯金だけってぇ。。もちろんそれで充分ってひともいる!

けど、ちょっと冒険したいお年頃じゃんー。

あと最近資産づくりって流行りじゃーん。

 

他に投資ってできないのと調べると、不動産を持ちつつ、その賃料をもらうことは大丈夫みたい。(もちろん確定申告の必要はアリ)

 

ってことで、

マンション買っちゃいましたぁーー!!

(。・ ω<)ゞてへぺろ

 

不動産投資が駐在員と相性がいい3つの理由

さっそく本屋にいって、不動産の本読むよね。そんで読んだのがこれ。

今すぐ東京の中古ワンルームを買いなさい!

今すぐ東京の中古ワンルームを買いなさい!

 

それで買いましたよ(借金で)! 借金1,100万円ー!!(ひぃー!)

今は、家賃も 毎月入り、返済等を引いても収支はプラスで順調順調。

 

実際に、不動産投資は意外と駐在員と相性がよかったと実感!

① 買った後は手離れがいい!(ほぼ家賃の入金確認だけ)

② ローンで購入することで、少ない頭金で開始できる

③ 駐在で貯めたお金で、繰り上げ返済がぐいぐい進む!!

 

実際に買った物件と収支はこんな感じ。

物件:中央線荻窪駅徒歩2分 1Rマンション

価格:1,300万円(頭金130万円)

収支:家賃7.5万円/月 - 返済等6.6万 = プラス9,000円/月

多い?少ない? よくわっかんなぁーい☆ 

 

日本を離れる場合、株やFXは、売却して現金にかえる、さらには口座を凍結することが必要となってきます。(→これじゃ投資はできない)

 

それに比べ、不動産投資では確定申告などを行えば、マンションを持ちづづけることが当たり前にできます。

 

最後に。しっかり稼いだ家賃は税務署に申告しよう。

キチンと持ちマンションが稼いだ家賃は税務署に申告しましょう。

私の場合は、実家 を納税代理人として立てて、納税を行っています。

 

20代からの投資とか、資産形成ってなんかかっこよくね??

では。しからば。